観光地情報へ戻る    『史跡・古墳』へ戻る    地図へ戻る  

新宮山古墳

写真1NO IMAGE

概要

 稲宿の西南の丘陵上にある円墳で、巨勢山古墳群中の1基である。
内部主体は東南の方向に開口する両袖式の横穴式石室で、石室の全長13.4メートル、羨道は長さ7.3メートル、入口部の幅1.36メートル、石室入口で1.72メートルとやや広くなり、玄室は長さ6.1メートル、幅約2.3メートル高さ3メートルの大きな石室である。
 玄室の奥壁にほぼ接して結晶片岩を組み合わせた箱形石棺があり、玄門部には竜山石を加工した刳抜式家形石棺が追葬されている。六世紀中葉の築造である。

〜いにしえの御所を尋ねて(改訂二版) 御所市教育委員会より〜


歳時記




情報
住所 御所市稲宿
TEL
駐車場
トイレ
HP

アクセス