市尾宮塚古墳

市尾宮塚古墳1市尾宮塚古墳2

御由緒・いわれ

市尾宮塚古墳

高取町市尾の独立した丘陵上にある市尾宮塚古墳は東向きの前方後円墳で、墳丘は
全長44メートル、後円部の直径は23メートル、高さは7メートル、前方部は幅24メートル
高さ4.5メートルです。後円部には北側方向に開口する長さ11.6メートルの両袖の
横穴式石室があり玄室は長さ6.2メートル、幅2.5メートル、高さ3メートル、羨道は
長さ5.4メートルで石室内にY字形の石組の排水溝を設け玄室に小石を敷いています。
壁面は赤い顔料が塗られています。羨道に段をつくり、その上に閉塞石を積んでいます。
石室内には凝灰石製のくりぬきの家形石棺があります。石棺には鮮やかな赤い顔料が
塗られ身の外側の寸法は長さ1.9メートル、幅1.2メートル、蓋には縄かけ突起が
あります。石室内の調査では金剛装の太刀・馬具・鈴・耳環、金銀の歩揺、鉄製の
小札・鉄鏃、水晶やガラス製の玉と土器など多く出土しました。宮塚古墳は6世紀中ご
につくられたこの地域の有力な豪族の墓と考えられ、大変貴重です。

                                          高取町教育委員会

                                     ~市尾宮塚古墳看板より~

歳時記




情報

住所
TEL
駐車場
トイレ
HP

 奈良県高市郡高取町市尾
 -
 -
 -
 -

アクセス