観光地情報へ戻る    『お寺・神社』へ戻る    地図へ戻る  

国見神社

写真1写真2

御由緒・いわれ

 国見神社が鎮座する掖上の地は、日本書紀、巻第三(神武天皇の巻)に登場する。東征を終え、橿原の地で即位した後、神武天皇は国見山(日本書紀には「腋上の嗛間の丘(わきがみのほほまのおか)」と表現されている)にお登りになり、自分の「国を見」られた。

 その時に「なんとよい国を得たものか。狭い国かもしれないが、蜻蛉(とんぼ)がとなめ(交尾)をしているように連なった山々に囲まれた地だ」と発せられたとされる。蜻蛉とは豊作の象徴であり、自分たちが得た地は狭いかもしれないが、稲作が盛んな、恵まれた地であるとの意で神武天皇は発せられたのである。この国見山での出来事が、日本書紀における神武天皇の最後の業績記載となっている。

 国見神社では瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)を主祭神としてお祀りしている。この神は天照大神の命により天孫降臨をした神であり、神武天皇の曾祖父でもある。大和を平定した神武天皇が、新たに手にしたこの地を見渡すことの出来る国見山に、尊敬と発展の念を込めて瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)を祀ったのが始まりとされている。その後、都が移り変わり奈良、京都へと北上していく中で、いつしか忘れられた、時代に取り残された神社となった。

 しかし、神武天皇の御世より掖上に住む氏子たちによって、神武天皇の想いは守られ、ご奉仕、信仰されている。かつて社殿は国見山の山頂にあり、秋津村冨田地区の人も氏子であったが、いつの時代か丘の東麓に移され、今では原谷・今住・上方の三地区の人々の氏神として祀られている。江戸時代には近隣の高取藩や櫛羅藩からの寄進により社殿を改築したとの記録がある他、鰐口には明和5年(1768)9月の刻銘(盗難にあい不明、現在は大鈴を代用)、棟礼に「改築年 天保七年(1836)」の記載がある。

 また、当社では瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)の他、天児屋根命(アメノコヤネノミコト)と田心比売命(タゴリヒメノミコト)の二柱もお祀りしている。住古より、国の発展はもちろんのこと、疝気(せんき 腰痛や腹痛)の神としても仰がれ、粟を供え奉って病気平癒を祈願するなど、その御神徳あらたかなるため、遠近より参拝祈願する者多しと伝えられている。

~国見神社 御由緒より~


歳時記




情報
住所 御所市原谷276
TEL
駐車場
トイレ
HP

アクセス