観光地情報へ戻る    『お寺・神社』へ戻る    地図へ戻る  

葛木神社

写真1写真2

御由緒・いわれ

 御所市大字高天の金剛山葛城岳南腹に鎮座して、一言主大神を祭神として祀っています。貝原益軒の『南遊紀行』には「絶頂には葛木の神社あり、大社なり、一言主の神といふ」としるされています。
 心身の鍛練と神社へのお参りを兼ねて、千日登山を目指し、大阪府千早赤阪村から毎日かかさず登山する人は後を絶ちません。葛木神社では、毎年7月7日の役行者の忌日に例祭を催し、一言主大社神に一願成就を祈願して、午後に転法輪寺で蓮華法要の会式が行われます。また、葛木神社は農業神としての信仰も厚く、「南遊紀行」には「大和・河内の農夫此神」を甚尊崇し、社の下の土を少しばかり取りかヘリ、我が田に入れば稲よく実りて虫くはずとて参詣の人多し」と記されています。
山岳修験の開祖、役行者の霊験を求めて、近畿一円に信者がおられるといいます。


歳時記




情報
住所 御所市高天476
TEL 0721-74-0005
駐車場 無(自動車は麓の駐車場まで通行可)
トイレ
HP

アクセス