観光地情報へ戻る    『お寺・神社』へ戻る    地図へ戻る  

船宿寺

写真1写真2

御由緒・いわれ

 今から千二百年有余年前の神亀2年(725)に、行基菩薩がこの地にこられて庵をむすび、薬師瑠璃光如来をおまつりになったのがはじまりです。
 心や身の病、悩みをお救いになる薬師如来をおまつりになったので、この地を医王山といわれました。
 寺につたわる古い記録では、葛木の地にこられた行基菩薩の夢の中に老人が現れて『これより東の方へ行くと、山の中に船形の大きな岩があるから、その岩の上に薬師如来をおまつりするように』と告げられました。夢からさめた行基菩薩は、東の山の中に岩をみつけ、そこに御仏をおまつりし、船宿寺と名づけました。現在その岩場には、岩舟権現がまつられています。
平安時代になって弘法大師さまの御教えをまもり、その道場として今日にいたっております。

〜船宿寺 パンフレットより〜


歳時記
5月 3日 花まつり法要 柴燈護摩供養



情報
住所 御所市五百家484
TEL 0745-66-0036
駐車場
トイレ
HP

アクセス