観光地情報へ戻る    『お寺・神社』へ戻る    地図へ戻る  

八幡神社

写真1写真2

御由緒・いわれ

 祭神は誉田別命(応神天皇)が祭られ、八幡神社の総本官、大分県の宇佐八幡宮の宮司によれば、神宮縁起に一文に欽明天皇32年(571)神社境内の菱形池のほとりに神が降りられ、『我は誉田天皇広幡八幡麻呂なり』と申されたので、その地に創建したといいます。
 八幡神社は神社庁でも正確な数はわかりませんが、全国に12万〜14万ある神社の中で、約4万社あるといわれています。
 川合八幡神社の祭礼には大きな餅を作り、奪い合うという珍しい珍事があり、民俗学で注目をされています。神社の棟札は写しと思われ、現在の本殿は様式上、天保12年(1841)の棟札が示すとおりと考えられています。


歳時記
10月 体育の日の
前日
ヒキアイモチ行事


情報
住所 御所市古瀬720
TEL
駐車場
トイレ
HP

アクセス