観光地情報へ戻る    『お寺・神社』へ戻る    地図へ戻る  

阿吽寺

写真1写真2

御由緒・いわれ

 「つらつら椿」の名所として知られる巨勢寺の子院の一つです。
 平安時代に巨勢川(曽我川)が氾濫し、里人が非難に窮したとき、阿吽法師という人が来て里人を救済したので、里人が法師を崇めここに住まわせたので、法師の名に因んで阿吽寺と呼ばれるようになったと言われます。
 椿の名所らしく山号を「玉椿山」と言います。


歳時記




情報
住所 御所市古瀬361
TEL
駐車場
トイレ
HP

アクセス