観光地情報へ戻る    『お寺・神社』へ戻る    地図へ戻る  

極楽寺

写真1写真2

御由緒・いわれ

 当寺開山一和僧都は、18才の時、南都西塔院の増利僧都の弟子として仏門に入り後、興福寺の座主に迎えられ、更に人皇六十二代村上天皇天暦4年(西暦950)には勅命により維摩会(維摩経の講釈研究会)の講師となられ、学徳共に秀で、その徳望は広く諸宗に聞えて居りました。
 併し上人は名利を厭い、専ら修行修学の為静寂なる地を求めて居られました。
或る時、金剛山の東麓に、毎夜光を放つを遥かに望見せられ、奇異の思いの中にその出所を探し求められました処、そこから仏頭(弥陀仏の頭)が発掘されました。生身の仏様のようであったと申します。上人は不思議な事に驚き、これこそ有縁の地と考へられ 仏頭山と呼び発掘の仏頭を本尊として草庵を結び、法眼院と名付けられました。時に天暦5年(西暦951)今を去る壱千余年前の事です。
 上人は愈々浄業を修し、念仏の功を積み、屡々極楽の相を感見し、一条天皇の正暦5年(西暦993)紫雲たなびく中に仏の来迎を受けてこの地に大往生を逐げられました。依って当寺を仏頭山法眼院極楽寺云はれるのは此のような縁起によると云はれて居ります。

〜仏頭山 極楽寺 沿革の概略より〜


歳時記
4月 15日 天得如来会式
5月 8日 釈迦花まつり


情報
住所 御所市極楽寺108
TEL 0745-66-0145
駐車場
トイレ
HP 極楽寺HP

アクセス