観光地情報へ戻る    『お寺・神社』へ戻る    地図へ戻る  

葛城座坐一言主神社

写真1写真2

御由緒・いわれ

本社に鎮まります一言主大神は、第二十一代雄略天皇(幼武尊)が葛城山に狩をされた時に、顕現されました。

一言主大神は天皇と同じ姿で葛城山に顕現され、雄略天皇はそれが大神であることを知り、大御刀・弓矢・百官どもの衣服を奉献したと伝えられています。天皇はこの一言主大神を深く崇敬され、大いに御神徳を得られたのであります。この大神が顕現された「神降(かみたち)」と伝える地に、一言主大神と幼武尊(雄略天皇)をお祀りするのが当神社であります。そして、『古事記』が伝えるところによると、一言主大神は自ら「吾(あ)は悪事(まがごと)も一言、善事(よごと)も一言、言離(ことさか)の神、葛城の一言主の大神なり」と、その神としての神力をお示しになられております。そのためか、この神様を「一言(いちごん)さん」という親愛の情を込めた呼び方でお呼び申し、一言の願いであれば何ごとでもお聴き下さる神様として、里びとはもちろんのこと、古く全国各地からの信仰を集めております。

当社は全国各地の一言主神を奉斎する神社の総本社であり、全国各地には当社に参拝するための講があり、現代にも篤い信仰を集めています。

〜葛城一言主神社パンフレット「いちごんさん」より〜


歳時記
1月 1日 歳旦祭
2月 3日頃 節分祭
4月 5日 春の大祭
5月 3日 稲荷社祭
6月 30日 夏越祭
9月 15日 秋の大祭(御神火祭とも)
10月 第二日曜日 座講祭

情報
住所 御所市大字森脇432
TEL 0745-66-0178
駐車場
トイレ
HP

アクセス