御所まちって? タイトル
御所まちTOPへ
御所まちって探してみませんか?御所まちボランティアガイド
 
ピックアップ

御所市って
アクセス情報
御所まち
観光ボランティアガイド
フォトコンテスト
フォトギャラリー
ダウンロード
サイトマップ
関連リンク情報
探してみませんか

ぶらり 御所まち
〜御所まちを気軽にあるこう〜
高札場 背割り下水・環濠
江戸時代には、幕府の最も重要な法令を木の板(高札)に書いて掲げることが義務付けられていました。
村や町には、必ず一ヵ所設けられており、御所まちの高札場は、北の木戸の内側にあったと伝えられています。
現在の高札場は、平成20年に国の「日本風景街道」事業の一環として、ほぼ同所に復元されました。
西御所は環濠集落として、東御所は寺内町として、共に16世紀中頃又はそれ以前に成立したと考えられます。
関が原の合戦後、当地を支配した桑山元晴が、環濠内の道路・背割り下水等の整備を行い、寛保2年の検地絵図にある町並みができたと考えられます。
背割り下水と環濠は、ほとんど検地絵図のとおりに現存しており、平成20年度に国の「循環のみち下水道賞」を受賞しました。

四地蔵 虫籠窓 氷室 環濠・背割下水
虫籠窓

御所まちの中には、高札場や背割り下水/
環濠をはじめ、様々な歴史をもつ珍しいものが、あちらこちらに点在しています。
それらを『探し出すこと』 も散策の楽しみの一つのです。

 数ヶ所をご紹介しますが、場所等は記載しません。それらを皆さんに見つけていただきたいからです。
たくさんの発見を終えた時、御所まちに息づく歴史が少し身近なものと感じられるでしょう。
瓦細工
衝波除石 杉玉
室大師道標 三層入母屋雲 旧郵便局 瓦細工

注意
 
▲このページの先頭に戻る